婚約指輪の歴史

結婚した方同士が、お互いの愛を表明する方法として、手の指に、指輪を嵌めるという習慣があります。
一般的に、婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指に嵌めますが、より強い『愛情』に深い意味合いが、そこにありました。
そういった、本来持つような意味合いを知らずにしている方も多いと思いますが、調べてみると、結婚したもの同士が指輪を嵌めることは、かなり古い歴史があり、指輪を記念として贈る習慣は、古代ローマから合ったとされていますが、日本において指輪を贈る、交換する習慣ができたのは、1960,70年頃で、とあるCMがきっかけとされています。
その頃から、男性が女性に贈る指輪のイメージ、そして、それはある程度効果なもの(でなければならない?)というイメージが少なからず広まったに違いありません。

しかし、語られる歴史を紐解いてみても、それらはあくまで形式的なものであって、現代の私達がなにか伝承しなければならないようなものではなく、自由な方法で行われるものであることがわかります。
現に、結婚指輪の交換を形式的に結婚式だけ行い、終わったらすぐに外してしまう方もおられます。
そういう点で、決まりやルールは無いと言えますが、やはり多くの方が記念としていつまでも残るような指輪を作りたいと願っています。
指輪は高価なもの、というイメージがあるかもしれませんが、実は価格帯はかなり広く、購入する方法によってかなり幅があります。
そういった点を、次のページから取り上げます。



[PICK UP]
記念としていつまでも残るオーダーメイドしたデザインの婚約指輪を作れます =≫ 婚約指輪 デザイン